毛の処理後に目立つ毛穴もいずれは小さくなる!

すごく単純に言えば、「毛がなければ毛穴は退化する」が基本です。

例に出してしまって申し訳ないのですが、ちょっと頭髪が寂しくなってしまったおじさんの頭を思い出してください。

毛穴を感じさせない、ツルツルのお肌だったりしませんか?

毛がなくなれば、毛穴は確実に小さく、目立たなくなります。

また、ブラジリアン・ワックス(アンダーへアをワックスで処理すること。『セックスアンドザ・シティ』で一躍有名になった手法です)を何度も行なったひとに言わせると、最初は毛穴がポツポツしている気がしたけれど、処理を続けるうちに毛が細くなり、毛穴が小さくなるそう。

ですから、気になる毛をオフするのは間違いではありません。

問題は“毛”ではなく、その処理方法です。

もしかして、剃ってはいませんか?

剃ると毛の断面がプツプツしますから、毛穴が目立ったように感じられてしまうのです。

それに肌の角質層を傷めてしまいますから、できれば“剃る”という手段はとらないのがベスト。

基本的にはワックスなどで抜くか、レーザー脱毛などで根本から処理してしまうのがおすすめです。

眉毛などの太い毛であれば、毛抜きで抜くのも良いでしょう。

抜いた直後は毛穴が開きますが、引き締め系の化粧水をつけたり、物理的に冷やすなどの手段で縮めて行くことができます。

ファンデーションでは毛穴はつまらないので誤解しない

ファンテーションの粒子は大きく、クレンジング剤で洗い流すことができるので、これが原因で毛穴が詰まるということはありません。

使わなくてもキレイな肌を演出できるのであれば十分です。

ただしファンデーションを使わない場合でも、紫外線対策のUVケア物は必ず使う事。

最近はBBクリームにもとてもクオリティが高いものが登場していますので、これでファンテを兼ねるのもよいでしょう。

また、日焼け止めを塗ったときは、きちんとクレンジング剤を使うのも鉄則です。

日焼け止めはファンデーションと成分が似ているので、油分をなじませるクレンジング剤がマストです。