化粧品がお肌に悪い事は皆さんご存じだと思いますが、そんなお肌に悪いものをできる限りつけないようにするために天然オーガニックオイルであるフルーティア ザ・セラムでお肌を自然な状態に戻していくことが大切です。

ここではそんな化粧品のもたらす害についてご紹介していきます

 

悪いとわかっているのに、化粧しつづける人たち

大半の女性は美肌のためによいと信じきって、何らかの基礎化粧品を毎日せっせと肌にすりこんでいます。

一見、基礎化粧品で害を受けることなく、肌の健康を良好に保っているように思えます。

しかし、顕微鏡でみると化粧品成分の入りこんだ毛穴が炎症だらけになっている場合もあります

肌が健康なままの人は全体のわずか1~2割で、じつに8~9割にものぼる人たちが毛穴が炎症だらけになっているのです。

肌トラブルを抱えながら、それに気づかないまま、化粧品を使いつづけていることは大きな問題です。

炎症だらけの皮膚を顕微鏡でみせながらいいます。

「今、使っている化粧品が炎症の原因である可能性が高いので、2~3週間化粧品をやめてみてください。そして、次回の受診時に炎症がよくなっているか、悪化したか、変わらないのか、顕微鏡で調べて今日の結果とくらべてみましょう」

ほとんどの場合、使っていた化粧品をやめれば、数週間後に炎症は改善されるので、患者さんは、毎日顔にぬりつづけてきたものが、自分の肌をこわしていたことを悟ります。

しかし、それでも基礎化粧品をやめようと考える人は少なく、多くは他の害のなさそうな化粧品をみつけてきて、つけはじめます。

そしてまた、毛穴は赤く炎症を起こします。

このような人は、これを何度かくりかえしているうちに、ようやく、基礎化粧品は毎日つけないほうがいいのかもしれないと考えるようになります。

にもかかわらず、たいていの患者さんはそれでもなお、何かを顔につけないと不安でしょうがないのです。

多くの女性たちは、美肌のためには化粧品によるスキンケアが欠かせない、というメーカーの主張をくりかえし、くりかえし聞かされ、雑誌などで読まされてきました。

この「マインドコントロール」を解くのは、至難の業だと思い知らされる毎日です。

人は、肌をけなされると全否定された気になる

顕微鏡による本人の肌の拡大写真と、酷い状態の肌を、患者さんと一緒にみくらべながら「あなたの肌は、この中でいちばん老化・乾燥している、状態ですよ。これからは、基礎化粧品は使わないようにしてくださいね」

ほとんどの女性が私のこの言葉に強い衝撃を受けるようです。

無理もありません。老化した肌だといわれただけでも傷つくのに、お金と時間と手間を費やしてきた長い歳月を、そして努力の日々を、否定されるのですから。

「自分が全否定された気がします」といって怒った女性もいました。

肌によいとずっと信じてきた化粧品をやめるとなれば、不安や迷いや葛藤があって当然です。

しかも、正しいケアをスタートしたばかりの頃は、肌の乾燥がひどくなったように感じるのがふつうです。

なぜなら、それまでずっと化粧品によって皮膚のバリアをこわしつづけてきたので、本当は極度の乾燥肌になっています。

それを、化粧水やクリームなどをたっぷりつけて、肌の表面をベタベ夕、ギトギトにすることで、うるおっていると錯覚していたのです。

クリームのべたつきで乾燥をごまかしてきたわけですから、それをやめれば、新しい健康なバリアが回復するまでの問、乾燥感があるのは当然なのです。

ようするに、化粧水やクリームなどはその場しのぎのごまかしにすぎません。

その化粧水やクリームで、実際にはかえって肌を傷めていたのです。

基礎化粧品をやめると、その場しのぎはもはや通用しません。

しばらくは、肌は乾燥し、その乾燥した肌が化粧水やクリームなしでむきだしにされるので、人によっては粉をふいたりします。

そのため、前にも述べたように、言葉は悪いけれど、麻薬患者がクスリを求めるように、化粧水やクリームなどをつけたくてたまらなくなるのです。

その時期をなんとか乗りこえれば、肌はやがてかならず健康をとりもどして、乾燥もおさまってくるのですが、残念ながら辛抱できずに脱落してしまう患者さんが少なくありません。

この時期に、どうしても何かつけたい場合は、微量のワセリンかフルーティア ザ・セラムだけはつけることができます。

しかしそれ以外ですと、元の木阿弥になります。

けれど、顔を水だけで洗い、そのあと何もっけないスキンケアを数か月持続できたら、そのシンプルさがたまらなく心地よくなるでしょう。

そして、化粧品を肌につけることに抵抗感を覚えるようになり、体も心も、あともどりできなくなるはずなのですが・・・