毛穴のためには、油分・糖分を控えた食事がやはりベストなのでしょうか?

まず医学的な証明からお話ししますと、「油分をたくさん被ったから毛穴が目立つ」というデータはありません。

よく「チョコレートを食べるとニキビができる」と言いますが、これも医学的根拠はないのです。

また、糖分はともかくとして、油分は皮脂膜や細胞壁の材料になりますから、油を過剰に控えてしまうのは考えものです。

もちろん、油分や糖分を燃焼させるときには多量のビタミンを消費しますから、美肌の観点から見ると摂りすぎはNGです。

ただし、油分や糖分の量ではなく質にこだわってほしいと思います。

たとえば湯げ物やお菓子に含まれている油分は、トランス脂肪酸という肌にも健康にも悪い成分を含んでいることがほとんど。

一方で、亜麻仁油などに含まれるオメガ3系の油分は、現代の食生活に極端に不足しています。

また、精製された白砂糖は体を冷やしますが、三温糖や黒糖はミネラルを豊富に含んでおり体を冷やす作用もないので、あまり気にせず摂取してよいのでは、と思います

毛穴も結局は健康かどうかの現れですから、ヘルシーでバランスのとれた食生活を意識してください

洗顔のとき、最後に冷水で引き締めると毛穴が締まるといっている女優さんがいましたが本当?

はい、洗顔時の最後に冷水で引き締めると毛穴は引き締まります。

冬になると寒くて乾燥しているリと毛穴が締まるように、冷水で引き締めると毛穴はキュッと縮まります。

ですから、メイク前に顔を冷やしたり、スキンケアの最後に冷水をかけるのは理にかなっているのです。

ただし、洗顔後に冷水で引き締めるのには私は反対です。

というのも毛穴が開いている=成分の浸透が良くなるのですから、スキンケアの前に引き締めてしまってはもったいない。

クレンジングや洗顔の後は常温あるいは体温程度のぬるま湯でながしそのままお手入れに入りましょう。

皮脂の問題の毛穴にはオイル系のスキンケアをやめたほうがよい?

確かに毛穴が大きくなるのは、過剰な皮脂分泌が原因です。

けれど、そのためにオイル美容をストップしてしまうのはちょっと待ってください。

たっぷり出ている皮脂は、肌の乾燥を守るためのもの。

表面はオイリーなのに、飢がなんとなくパサついていたりしませんか?

特に大人の肌が皮脂を活発に出しているときは、肌が極度な水分不足に陥っていて、乾きから守ろうという体の防衛反応であることがしばしば。

ですから、適度な油分を与えることによって、逆に過剰な皮脂分泌を抑えられるのです。

お手入れにフェイスオイルを推奨しているブランドがありますが、もしそれが自分にとって心地よいと感じられるのなら、やめる必要はありません。

もちろんギトギトになるほどたっぷりつけてしまうのは問題ですが、適度な油分の補給は続けてください。

ただし、エクスフォリエーションなど、毛穴ケアも取り入れていくことが大切。

きちんと毛穴ケアをした後ならば、オイルで適度な油分を補う事で肌表面が和らぎ、毛穴がもっと目立たなくなることでしょう。

毛穴を隠すためにどうしてもファンデーションを厚塗りしてしまいます。毛穴にはよくない?

ファンデーションが肌に浸透するということはありませんから「毛穴に良くない」とは言えません。

ただ、厚塗りしてしまうと「仕上がりがきれいではないのでは?」というのが気になります。

ファンデーションをしっかり塗って隠すよりも下地や毛穴用ベースを使いファンデを薄く仕上げた方が絶対に綺麗です。

パテ状になって毛穴を埋めるものは、肌表面がサラッとしてなめらかになりますのでおすすめです。