母はかなり毛穴が目立つほう。こういう毛穴体質は遺伝しますか?

遺伝の影響は少なからずあります。これは毛穴に限りません。

たとえば体質や性格など、ご両親のいずれかに似ている部分がありませんか?

ご両親ともに乾燥肌なのに、お子さんだけがオイリ一肌ということは(思春期のホルモンバランス不調を除けば)めったにありません。

ですから毛穴についても、ご両親のいずれかに目立つようであれば「いずれ毛穴がポツポツしてくるかも」という天の声だと受け止めましょう。

ただし、だからといってあなたも毛穴に悩まされると決まったわけではないのでご安心を。

体質が似ていても、食事やライフスタイルによって肌はかなり変わります。

以前、まったく違う生活を送った双子の中年女性の写真を見たことがあるのですが、まるで親子かと思うくらいに見た目年齢が遭っていて驚いたのを覚え
ています。

聞けば10代の頃は一緒に暮らしていたものの、お互いに結婚して1人は海辺のアウトドアライフを楽しむように、もう1人は都会でオフィスワーカーとして生活するようになったのだとか。

それから20年あまりを経てみると、前者の方の肌にはシミやシワがたくさん出現していました。

毛穴悩みも同じ。

バランスのとれた食事や適切なスキンケアによって、親ゆずりの肌悩みはいくらでも克服できます

背中の毛穴が黒ずんでいると指摘を受けました。どうしたらよいですか?

デコルテと背中は、体の中で特別な場所です。

その理由は、皮脂腺の活動が活発なこと。

顔とデコルテ、背中の上部は、他のパーツに比べ皮脂の分泌がかなり多いです。

背中の上部は、顔と同じお手入れをしてもいいくらいなのです。

ニキビや毛穴が気になるひとは、顔用のふき取り化粧水や角質ケアコスメを使ってみてください。

ボディシャンプーでしっかりと洗うのは、皮脂の取りすぎになる危険がありますからご注意を。

「自前の皮脂を大切にしながら、毛穴の詰まりを取り除く」というスキンケアの基本はボディーでも同じです。

もし2週間くらい続けても毛穴の黒ずみが滅ってこない場合は、背中の産毛が原因の可能性があります。

自分では見えない部分ですが、襟足から背中にかけての産毛がしっかりしている方は毛穴がポツポツ目立つように見えることも。

そんなときは思い切って、美容皮膚科でレーザーをあててください。

産毛も毛穴も一挙に解消できますよ。

スクラブやマッサージなどで毛穴ケアをしているのにキレイになりません!

あなたはどのタイプの毛穴ですか?

いずれにしても、スクラブなどの角質ケアでは「毛穴ケアの第一歩」であってそれだけで毛穴悩みが解消するわけではありません

角質ケアは“毛穴を目立たなくするための土台づくり”ですから、そこにもう一撃加える必要があるのです。

もしもお悩みが黒ずみ毛穴であれば、長い年月をかけて留まった皮脂と汚れの混ざった角栓を出すエクストラクションはマスト。

たるみ毛穴なら真皮のコラーゲンやエラスチンを補強するお手入れになりますから、少し時間がかかります。

インナードライ毛穴なら“うるおいをキープできる肌”になるためのお手入れを、オイリ毛穴なら過剰に分泌される皮脂をコントロールするお手入れを加えてください。

そして、その悩みに適したコスメを1本使い切ること。

そうすれば、そのコスメの実力や相性が見えてきます。

特に角質ケアものは、商品によって酸の種類や濃度、スクラブの種類などがさまざま。

自分の肌状態に合ったコスメと出合えれば、肌は確実に変わってきます。

毎日鏡で観察していれば目に見えて、あるいは指で触ったときの感触で「あ、変わった!」とわかるはず。

あなたの肌に合うコスメを見つけるのはあなた自身の役割です。

どうぞ最良の美肌の友に出会ってください!