毛穴の開きや黒ずみに効果的と話題のフルーティアザセラム(クランベリーオイル)ですが、

ここではそんなフルーティアザセラム(クランベリーオイル)の効果を高めるための毛穴ケア方法を少しご紹介しようと思います
 

黒ずみ毛穴ケアに「毛穴パック」は危険!?

一時期大ブームとなったシート状の「毛穴パック」

小鼻周りにペタリと貼ってはがすと、ごっそりと角栓が取れる。

そのターゲットともなったのが、黒ずみ毛穴です。

衝撃的な写真を見て、つい買ってしまった方も多いのではないでしょうか。

何を隠そう、私もそのl人。

シートにびしっとついた角栓を見ては「こんなにキレイに取れたんだわ!」と満足していました。

でも、それは昔のこと。

皮膚生理学を学んだ今となっては、あんな吸着力の強いシートを肌からはがすなんて恐ろしくてできません!

毛穴パックの恐怖

肌の表皮は、死んだ肌細胞(角質層)が幾重にも重なって肌を守る大切なバリアを形成していますが、それでも厚みはラップ1枚程度。

毛穴用シートパックを貼ってべりっとはがしたら、角質層も一緒にはがれるのは当然のことです。

肌にセロテープを貼ってぺりっとはがすと、角質層が2~3層失われると言われています。

毛穴用のシートマスクの吸着力はそれ以上ですから、肌へのダメージは推して知るべし。

詰まった角栓と古い角質のケアはもちろん必要なのですが、もっと穏やかな方法で行なうべきでしょう。

毛穴の黒ずみケアにお勧めの方法とは?

「では穏やかな方法とは?」と聞かれたら、私がおすすめしている方法は毎日のフルーティア ザ・セラムでのケアと月1回程度のエクストラクション。

エクストラクションについてはあとで詳しく説明しますが、簡単にいうと毛穴の汚れを押し出す方法です。

「毛穴の汚れの押し出しなんて自分でできるの?」と心配に思われるかもしれませんが、コツさえつかめば大丈夫です!

黒ずみ毛穴の“攻め”のお手入れ「エクストラクション」の方法

日本ではまだ知られていませんが、N.Yではエクストラクション、つまり黒ずみ毛穴のお掃除はスキンケアの常識です。

指で圧をかけ、黒ずみを押し出すので、はじめはちょっと怖く感じられるかもしれません。

けれど、皮脂と汚れが混ざってできたガンコな黒ずみは、スクラブやピーリング、あるいはマッサージなどで取るのは不可能。

本来はサロンでプロの手を借りて行なう施術ですが、日本ではまだ受けられるところがほとんどありません。

また、一度学んでしまえば一生モノのテクニックですので、正しい方法を知ってチャレンジしてください。